テレビ会議Zoomセキリティ

新型コロナウイルス感染対策でテレワークを実施されている会社もある様で、東京でも電車に乗る人が減っています。ある経済アナリストはテレワーク活用で通勤にかける時間が不要になり、日本の生産性が向上することに期待しています。

また、テレビ会議を利用する仕事の流れも少しずつ変化しています。テレビ会議によりムダな出張を無くすことができ、時間とお金を節約できますね。ただやはり最終的には「Face to Face」 が必要と言っている人もいますが・・・

テレビ会議のシステムで無料で使えるZoomについて、セキリティの脆弱性がネットで騒がれていましたが、基本的な使用方法バージョン4.6.9 さえ間違えなければ大丈夫です。簡単に説明して行きます。

  • 古いバージョンのZoomにはソフトウエアの脆弱性があり、バージョン4.6.9 以前のZoomを使っている人は修正プログラムの適用が必要です。
  • 新規でZoomをインストールする場合は、必ず公式Webサイトからダウンロードしてください。同名の偽ソフトをインストールして、セキュリティ警告画面が表示されたり、個人情報が送信されることもある様です。
  • テレビ会議はURLが漏れてしまうと、第3者がこっそりと会議に参加し、秘密にするべき情報が漏れてしまうリスクがあります。会議にパスワードを設定してください。パスワードを厳格に管理し、漏えいしなければ、第3者は会議への侵入はできません。